メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

循環器内科



当科は循環器疾患の診断と治療を行います。循環器疾患とは心臓や血管に関連する病気で、具体的には、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、高血圧症などです。当院では、心臓血管センターが設置されており、内科と心臓外科が密接なチームワークを組み、患者さんに最適の治療法を行える体制で臨んでいます。また、当院には血液透析センターが併設されているため、腎臓の悪い患者さんの治療も専門に行っています。

当科外来を受診する場合は、先ずかかりつけ医(ホームドクター)に相談し、紹介状(診療情報提供書)を書いてもらってから、受診されることをお勧めします。患者さんの正確な情報が得られることにより、無駄な検査を省き、診断と治療を早く正確に行うことができるからです。しかし、強い胸痛、呼吸困難(安静にしていても呼吸が苦しい)、失神など、急を要する場合には、救急車を依頼して速やかに受診してください。

当院は、日本循環器学会認定循環器専門研修施設の認定を受けており、日本循環器学会認定循環器専門医日本心血管インターベンション治療学会認定医が主治医として治療を担当します。

循環器内科部長 山下 尋史
専門・得意分野 循環器疾患一般(特に心臓カテーテル治療、心不全)
資格 日本内科学会総合内科医専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本医師会認定産業医
医学博士

循環器内科概要

診療体制

専門外来では、毎日午前中の初診外来と予約外来、午後は予約外来のみを診療しています。
入院では、スタッフ医師(全員が卒後10年以上で、日本循環器学会認定専門医の資格を持つ)が主治医となり、その指導の下にレジデント医師(研修医、卒後1~5年目)が受け持ち医としてチーム医療を行っています。必要に応じて、外来主治医やカテーテル治療専門医も診療に参加します。

治療方針

適切な治療を行うためには、正確な診断が必須です。かかりつけ医からの診療情報、外来で行う検査結果などに基づき診断を進め、必要に応じて入院して検査を行う場合もあります。そして、診断結果に基づき最適の治療法を選択します。これには、生活指導(食事の注意、禁煙など)、薬の内服、カテーテル治療など内科で行う治療とともに、必要な場合には、心臓外科と協力して手術による治療を行うこともあります。

得意分野

循環器疾患全般を幅広くカバーしています。特に、最新の心臓カテーテル検査装置を用いて、狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療を積極的に行っています。また、下肢の血管が動脈硬化で狭くなり、歩くと腿やふくらはぎが痛くなる症状がある患者さん(閉塞性動脈硬化症または末梢動脈疾患)に対するカテーテル治療も行っています。
脈が遅くなり、めまいや失神などの症状のある患者さんに対するペースメーカー植込み手術、心室頻拍・心室細動のような危険な不整脈のある患者さんに対する植込み型除細動器(ICD)の植込み手術、心不全の患者さんに対するペーシング治療(CRT)なども行っています。

その他

当院には、血液透析センターが設置されているため、腎機能の悪い患者さんの循環器疾患(心臓、血管の病気)の治療も専門に行っています。

取り扱う主な疾患

  1. 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)
  2. 不整脈(心房細動、徐脈、頻脈など)
  3. 心不全
  4. 不整脈(頻脈・徐脈)
  5. 心臓弁膜症(僧房弁、大動脈弁の異常)
  6. 血管疾患(大動脈解離、動脈瘤、末梢動脈疾患)
  7. 腎臓病(腎不全、腎炎、ネフローゼ症候群など)に合併する心臓・血管疾患
  8. 慢性腎不全に対する血液透析治療

担当スタッフ紹介

カテーテル治療科部長 伊藤 敦彦
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈学会-日本心電学会認定不整脈専門医
腹部ステントグラフト実施医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心エコー図学会SHD心エコー図認証医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療実施医
日本超音波医学会認定超音波専門医
東京医科大学地域医療指導教授
心臓リハビリテーション指導医

循環器内科医長 田部井 史子
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医

循環器内科医長 杉下 靖之
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
身体障害者指定医 (心臓機能障害)

治療手技・手術

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)

心臓の筋肉に血液を送っている血管(冠動脈)が動脈硬化で狭くなり、心臓の筋肉に十分な酸素が送られなくなり、胸の痛みが起きる状態を狭心症と呼びます。この部分を風船やステント(金属製の小さな金網のようなもの)を入れて膨らませることにより血管を拡げる方法です。また、血栓(血の固まり)ができて冠動脈が完全に詰まると、心臓の筋肉は壊死に陥り、非常に強い胸痛が長時間持続し、急性心筋梗塞になります。この場合にも、血栓を吸い取ったり溶かしたりすることができ、さらに、風船やステントで狭いところを拡げることができます。

経皮的動脈形成術(PTA)

下肢の血管が動脈硬化で狭くなると、歩くと下肢の筋肉が痛くなるという症状や、重い場合には潰瘍や壊死を起こすことがあり、閉塞性動脈硬化症または末梢動脈疾患と呼びます。心臓の血管と同様に、風船やステントで下肢の血管を拡げることにより、治療することができます

カテーテル焼灼術

脈が速くなる不整脈が対象です。
心臓に細い管を入れて、電気興奮が異常に速く回る回路の一部を高周波で焼いて、不整脈が起こらないようにします。

ペースメーカー植込み術

脈が遅くなる病気の治療です。
心臓に1ないし2本の電線を入れ、胸にぺースメーカーという心臓を電気刺激する装置を植え込み、心臓を電気刺激して脈を正常に保ちます。
外科手術ですが、胸を開けるわけではなく、局所麻酔で行います。

植込み型除細動器(ICD)

脈が速くなって失神する人を対象に、先に述べたペースメーカーと同様の手術を行います。
ペースメーカーと違って、脈が異常に速くなった場合にそれを感知して心臓に電気を流して脈を正常に戻す装置(ICD)を植え込みます。

心臓再同期療法(CRT)

重症心不全の患者さんが対象です。
右心室と左心室を同時に刺激するペースメーカーを植え込んで、心機能を改善させて心不全の治療を行います。

下大静脈フィルター

下大静脈に留置する傘のような形をしたものです。腹部から下肢にかけての静脈に血栓ができると、血液の流れに乗って肺の血管に詰まり重いショック状態になることがあります(肺塞栓症、エコノミークラス症候群)。これを予防するために使用しますが、一時的に入れて2週間程度で取り出す場合と、永久的に入れておく場合があります。

主な検査と説明(入院検査、外来検査)

入院検査
心臓カテーテル検査

心臓の中にカテーテルという細い管を入れて、心臓の中の圧力を測ることにより、心臓の機能を調べることができます。また、造影剤という薬を用いて、心臓の壁の動きや、心臓の筋肉に酸素を送っている血管(冠動脈)に狭いところや詰まっているところがないかどうかを調べることができます。
入院すると、受け持ち医から詳しい検査の説明があります。

電気生理学的検査

心臓に電極カテーテルという細い管を入れて、心臓の中の様々な場所の心電図を記録したり、心臓を電気刺激したりして不整脈の診断を行います。
こちらも、入院すると受持ち医より詳しい検査の説明があります。

外来検査
心エコー図

心臓に超音波を当てて心臓の動き、壁の厚さ、弁の異常などを調べます。検査時間は30分以内です。

ホルター心電図

24時間心電図です。予約をした日に病院に来て心電図と小さな機械を付けます。
家に帰って普段どおりの生活をしていただき、翌日の同じ時間に病院に来ていただき機械をはずして終了です。
不整脈や狭心症の診断に使われます。

運動負荷心電図

心電図を付けてベルトの上を歩いていただく検査です。
歩いている時に胸が圧迫されたり締め付けられるような症状のある方に行います。
検査時間は30分以内です。

心臓核医学検査

血液の流れに乗って心臓に取り込まれる放射性同位元素(RI)を注射してレントゲンを撮る検査です。冠動脈疾患の診断に使われます。注射で負荷をかけた状態でRIを注射し、直後と3~4時間後の2回撮影します。昼過ぎまでかかる検査です。
午後にもう一度RIを注射して合計3回撮影する場合もあります。

診療実績

2015年度
診療科で扱った主疾患と入院患者数
疾患名 入院患者数
急性心筋梗塞 36
その他の虚血性心疾患 288
心筋疾患 42
弁膜症 61
肺性心(含肺塞栓) 34
不整脈 203
その他の心疾患 53
血管疾患(閉塞性動脈硬化症など) 51
腎疾患 49
その他 62
合計 879
診療科で行った主な検査・治療、特殊な検査の件数(2015年)
検査・治療の名称 件数
総カテーテル検査・治療 472
経皮的冠動脈形成術 122
経皮的末梢動脈形成術 39
静脈造影(フィルター・血栓溶解術) 11
電気生理学的検査 8
体外ペーシング挿入術 -
ペースメーカー植込み術 58
カテーテル焼灼術 25
ICD植込み術 1
CRTD植込み術 2
マスター負荷試験 -
トレッドミル負荷試験 72
ホルター心電図 742
心エコー図検査 2697
心臓核医学検査 1421