メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

外科 呼吸器・甲状腺

呼吸器外科概要

当科では胸部疾患(肺癌、転移性肺癌、肺腫瘍、胸壁腫瘍、自然気胸、胸部外傷)、縦隔疾患(縦隔腫瘍)などを中心に診療を行っております。
診断から治療までを一貫して行えるのも当科の特徴です。また当院呼吸器内科とも連携を図り、手術適応、治療方針等についても週1回のカンファレンスで検討を行っております。
年間約70~80例の全身麻酔呼吸器外科手術を行っており、胸腔鏡手術から拡大手術まで幅広く対応しております。手術では安全性と根治性を第一に考え行っています。

担当医紹介

呼吸器外科部長 加藤 靖文
資格 日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者指定医(呼吸器機能障害)
医師緩和ケア研修会修了
がんのリハビリテーション研修終了

呼吸器外科医員 福田 賢太郎
資格 日本外科学会専門医
難病指定医
緩和ケア研修会修了

肺がんの治療について
当院では肺がんに対しては胸腔鏡(内視鏡)手術を多く行っています。従来の手術法と比べ、術後の痛みや機能障害が少なく、早期に退院が可能です。
進行がんには呼吸器内科・放射線科と連携し手術・化学療法・放射線治療を組み合わせた治療を行います。
また、術後のフォローアップを大事にしています。抗がん剤などによる術後補助化学療法を行い、再発を抑えます。
肺がん健診について
肺がんは、現在ではがん死亡原因の第一位となっており、がんの中でも悪性度が高く生存率が低い病気であると言われています。しかし、早期のうちに発見し、治療の選択肢を多く持つことができれば、治すことが可能です。そのためには「肺がん検診」の受診がなにより重要です。胸部レントゲン写真による検診で発見された場合、5年生存率はほぼ40%、CTを用いる検診では、5年生存率80%以上という実績が示されています。当院の人間ドックでも受診が可能ですので、ぜひ積極的にご利用下さい。

甲状腺外科概要

頸が最近腫れている気がする、人に頸が太くなったと言われた・・などの症状がある方、当科を受診してみてください。

甲状腺疾患のなかで外科的治療を必要とする疾患を取り扱っております。

  1. 甲状腺がん
  2. 甲状腺腫瘍
  3. 腺腫様甲状腺腫
  4. バセドウ病
  5. 副甲状腺疾患

甲状腺専門の伊藤病院での診療経験を関東中央病院に来られる患者さまのために生かしたいと考えております。
また伊藤病院との連携も行っておりますのでご希望の方はご相談ください。

担当医紹介

非常勤医師 林 博樹
資格 前東京医科大学呼吸器甲状腺外科助教授
日本外科学会認定医、専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
甲状腺外科学会専門医
医学博士
IASLC学会員

学会関連施設
  1. 日本呼吸器外科学会関連施設(基幹施設:東京医科大学病院)
  2. 日本呼吸器内視鏡学会関連施設(基幹施設:東京医科大学病院)
業績(2011~)
  1. 縦隔腫瘍に対する高齢者(75歳以上)手術の検討
    日本呼吸器外科学会雑誌 25(4): 352-355, 2011
    林 博樹 、河原正樹、池田徳彦
  2. 進行肺癌に対する気管支ステント留置術後3ヵ月以内死亡症例の検討
    気管支学Vol34(2):109-112,2012
    林 博樹、長田博昭、池田徳彦
  3. 腫瘤影なく網状陰影を呈したCA19-9および癌胎児性抗原(CEA)産生性肺腺癌の1例
    胸部外科 65巻 894-897 201 吉竹修一1, 林 博樹1 , 岡 輝明2, 長田博昭3, 河原正樹4
  4. Emergent Laparotomy Helped the Resection of an Intralobar Pulmonary
    Sequestration with Hemorrhagic Shock
    European Journal of Cardio-Thoracic Surgery 1-3(2012)
    Shuichi Yoshitake MD1、Hiroki Hayashi MD, PhD1Hiroaki Osada MD, PhD2
    Masaki Kawahara MD, PhD1

リンク

NCD

National Clinical Database(NCD)への登録について