メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

悁v者さぃZぃN

攃Z射L@

攃Z射L@は、BR斃、CT療、@N匃T孃ぃ3郃B門ぃH分かれています。
訃R斃郃B門ぃb、NTぃH、CT訃R斃、MRI訃R斃ぃ誃彃A、J音況u(エゃEッV)、B箁B送@彃A、IVRぃFぃDを施行しぃいます。
沃T療部門ぃb、最斁[ぃ沃T療vXぃ@、肺癌、PE癌、v道癌、前立腺癌なぃD、NTぃH悃F怃@疃Z悁vぃ沃T療を行っぃいます。
沃T療vXぃb、N田调L匃Rぃ@唃b一ぃ装Xぃ@もあり、T病陁uからぃ紃P介患者@も多く見られます。
栃N匃T孃郃B門ぃb、ABぃ攃Z射怃@同X元紁@を静脈内ぃH泃B允EすることぃHより、FB、\臓、脳等に集Dし、そぃ集Dの犃J態から、D能甃T像を見ることができます。
それぃHより、Tu秃T怃@骃B腃H瘍、虚血怃@心疾悁v、パッVゃッEゃXッE病、アッHツハめAマー病なぃDぃ訃R斃をv助することができます。

攃Z射L@部镃L 服部 苃A行
専門ッT得意分野 攃Z射LCT療
資@V 旁E會匃T孃攃Z射L僅会CT療[門匃T
旁E會攃Z射L腫瘍僅会CT療[門匃T
旁E會匃T孃攃Z射L僅会D胅[品B
千葉夃@孃匃T孃郃B攃Z射L@非布N勁A講NH

攃Z射L@惒胒

訃R療X制

訃R斃郃B門ぃb、CT、MRIぃ誃彃Aぃb、VI匃T镃L、吉村医品B。B箁B送@彃A、CTゃめAドN生検、CTゃめAドNドッナーゃNぃb吉村匃T品B。J音況u検査斃X行、F彃A、J音況uゃめAドN生検は國又匃T镃L。@N匃T孃検査ぃ誃彃Aぃb吉村匃T品B、胸郃BCTドッゃbぃ誃彃Aぃb服部郃B镃LがN心に行っぃいます。
沃T療部門ぃb世田调L匃R唃b一ぃ沃T療vXをX\甃Bして、服郃B郃B镃LがBっぃいます。また、E[\噃B科とぃ協力ぃ元、前立腺癌のI-125小LR療法も行っぃいます。

沃T療方針

他@とぃ送v絁Bをbにし、僇期的なゃHッEファッッEゃPをBい、EBMぃH埃RぁEいた沃T療を行っぃいます。

得意分野

訃R斃郃B門ぃb、CT訃R斃、MRI訃R斃、ABぃ血箁B送@彃A検査、B@B、生検、ドッナーゃN、J音況u検査(腹郃B、PE腃R、甲犃J腃R、@動脈、皮膚V、マッEチuめ[ッDフィ。
沃T療部門ぃb、放射LCT療全舃、PE癌、肺癌、前立腺癌、v道癌、膀胃A癌、FB軁u秃TぃFぃD、NTぃH悃F怃@疃Z悁vぃH寃Zする攃Z射LCT療。
栃N匃T孃郃B門ぃ@ぃb、FBゃLッEチグッDフィ、\臓ゃLッEチグッDフィ、脳ゃLッEチグッDフィぃFぃD。

担X医紃P介

攃Z射L@医镃L 國又 肇
資@V 旁E會匃T孃攃Z射L僅会BR斃専門匃T、指導医
旁E會超音況u匃T孃会J音況u専門匃T、指導医
マンチuめ[ッDフィ検BR粃Z広箁B理N夃委員会F彃A認僇医
旁E會乃E癌僅会F僇医

攃Z射L@医镃L 弃I 球E
資@V 旁E會攃Z射L僅会[門匃T(BR斃)・研DJ指[者

攃Z射L@医品B 吉村 幃N洋
資@V 旁E會攃Z射L僅会[門匃T(BR斃)・研DJ指[者

沃T療手技ッT手B

攃Z射LCT療A照射全舃

前H腺癌I-125小LR療法

当@で斃X行可胃XぃF手技(X線透胒・CTゃめAドNでぃ低ZI襃C訃R斃ッT沃T療VIVR)
血箁B糃TIVR
肃R動静脈瘻ぃH寃Zする塞@B
喀血や肺腃H瘍に寃Zする気烇B攃b動脈動EBッT塞@B
腎動静脈奇XuぃH寃Zする塞@B
腎や脃ZッT骃B盁A内動脈瘤ぃH寃Zする塞@B
肝腫瘍V肝紁[胞癌ッT軁u秃T怃@肝癌)や骃B盁A内腫瘍V膀胃A癌・子僇頃N癌なぃD)ぃH寃Zする動脈塞@B
消化箁B凃R血ぃH寃Zする塞@B
血栓B@症ぃH寃Zする血栓RJ见v術
下A@静脈フィッHゃ\ッV留X術
BRTO(バルッVッE閉BN逆B怃@経静脈的硃化療法)
剃b腎静脈なぃDぃゃIッEプリッEめ[
骃B盁A骃B折・肝損傃LッT脃Z損傷ッT腎損傃LぃFぃDぃH寃Zする動脈塞@B
非B箁B糃TIVR
CTゃめAドN生検V肺腃H瘍・傍A@動脈ッFッEパbッT骃B盁A内腫瘍・脊Aを吃Hむ骃B腃H瘍なぃD)
CTゃめAドNドッナーゃN(肃R膃\瘍・骃B盁A内膿瘍なぃD)

訃R療僇NZ

2015幃G
攃Z射LCT療 (原癃R巁vぃHよる分BV
例数
乃E癌
84
肃R癌
31
前H腺癌
23
食道癌
7
肝臓癌
5
盃G腃N癌
6
腎癌
2
夃@腃N癌
7
胃癌
2
膀胃A癌
4
尃\箁B癌
2
甃C犃J腃R癌
3
胃N腃R癌
2
膃I癌
1
脃E腃H瘍
1
腎癌
1
その他
2
総B 181例
CT検査(放射L@で誃彃A)
18,043例
MRI検査(放射L@で誃彃A)
8,363例
栃N匃T孃検査(放射L@で誃彃A)
1,824例
骃B密R
2260例
!E#E#L#
61例

元B囃XIVR症Z登錃C事E参加ぃHぁAいて

当院ぃ@ぃb、患者さんに安\しぃ匃T療を受けぃいたぁ@くために、僇全ぃF匃T療をご提供するとぃBもに、患者さんの個RR情@Aぃ取り扃Aいにも、N全ぃ体制ぃ@取り組んぃ@います。
旁E會IVR孃会VR務局:〒355-0063 埃V玉県权A权Z屃A市元它\1丁目9畃F4參L FAX:0493-35-4236)でぃb、本孃会に参加する斃X訃ぃ@行ったIVR訃R療VB箁B塞@B、B箁B拁B弃I術なぃD)の情@Aを登錃Cし、IVR訃R療の犃J況を把握し、各稃疃Z悁vぃ訃R斃沃T療の向Nに彃P立てる取りIみをIVR孃会症例登錃CぃBして実施しておりぃZす。

この事Eぃb、現圃Bぃ我が囃XぃIVR訃R療の珃Z犃JをIきXHりにし、基礎と臃B床の稃々の研DJぃHもCu猃するものぃB考えられぃZす。
当院ぃb、NBの旁E會IVR孃会による元B囃X症Z登錃Cぃ趁v旃BぃH賛同し、登錃C事EぃH積EI的に協力してぃZいりぃZす。X院ぃ@IVR訃R療を行ないました悁v者さんにぁAいてぃb、個RR情@Aを削陁Aした後、BR療内它PをIVR孃会R務局ぃH届出いたします。Xし、非同意ぃ意思BB礃Rがなされた@G合にぃb届出を致しません。また、Zに非同意や癃T錃Cぃ削除を申し出られぃZした堃G合にも登錃Cを削陁A臃Gします。ご不明ぃF炃PぃFぃDありぃZしたら、BR療@の担X医ぃZぃ@お[TXぃHお[ね下さい。