メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

放射線科

放射線科は、診断、治療、核医学の3部門に分かれています。
診断部門は、主に、CT、MRIの読影、超音波(エコー)、血管造影、IVRなどを施行しています。
治療部門は、最新の治療装置で、肺癌、乳癌、食道癌、前立腺癌など、主に悪性疾患の治療を行っています。
治療装置は、世田谷区で唯一の装置でもあり、他病院からの紹介患者様も多く見られます。
核医学部門は、多種の放射性同位元素を静脈内に注入することにより、骨、心臓、脳等に集積し、その集積の状態から、機能画像を見ることができます。
それにより、転移性骨腫瘍、虚血性心疾患、パーキンソン病、アルツハイマー病などの診断を補助することができます。

放射線科部長 服部 英行
専門・得意分野 放射線治療
資格 日本医学放射線学会治療専門医
日本放射線腫瘍学会治療専門医
日本医学放射線学会評議員
千葉大学医学部放射線科非常勤講師

放射線科概要

診療体制

診断部門は、國又医長を中心にして、張医長、高橋医員、服部部長が携わっており、CT、MRIの読影、超音波(エコー)、血管造影、CTガイド下生検、CTガイド下ドレナージなどが施行されています。
治療、核医学部門は、主に服部部長が行っており、最新の装置を駆使して、放射線治療、核医学診断が行われています。
放射線科との協力の元、前立腺癌のI-125小線源療法も行われています。

治療方針

診断部門、治療部門による疾病の治療には、悪性疾患に対する抗がん剤の動注療法、悪性疾患や出血などに対する動脈塞栓術(動脈を遮断して癌細胞を兵糧攻めにしたり、出血を止めたりする)、主に悪性疾患(一部、良性疾患)に対する放射線治療があります。
ともに、他科との連絡を密にし、定期的なカンファレンスを行い、EBMに基づいた治療を行っています。

得意分野

診断部門は、多種の血管造影検査、塞栓術、生検、ドレナージ、CT診断全般、MRI診断全般、超音波検査(腹部、乳腺、甲状腺、頚動脈、皮膚)、マンモグラフィ。
治療部門は、放射線治療全般、乳癌温存療法術後放射線治療、肺癌の放射線治療、前立腺癌の根治放射線治療、食道癌の放射線治療、膀胱癌膀胱温存療法に対する放射線治療など。
核医学部門では、骨シンチグラフィ、心臓シンチグラフィ、脳シンチグラフィなど。

担当医紹介

放射線科医長 國又 肇
資格 日本医学放射線学会診断専門医、指導医
日本超音波医学会超音波専門医、指導医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影認定医
日本乳癌学会認定医

放射線科医長 張 琳
資格 日本放射線学会専門医(診断)・研究指導者

放射線科医長 矢内 秀一
資格 日本医学放射線学会診断専門医

治療手技・手術

放射線治療外照射全般

前立腺癌I-125小線源療法

当科で施行可能な手技(X線透視・CTガイド下での低侵襲診断・治療:IVR)
血管系IVR
頭頚部腫瘍の動注・塞栓術
肺動静脈瘻に対する塞栓術
喀血や肺腫瘍に対する気管支動脈動注・塞栓術
閉塞性動脈硬化症・シャント狭窄・線維筋異形成・上大静脈症候群などに対する血管形成術(PTA)・ステント留置
腎動静脈奇形に対する塞栓術
腎や脾・骨盤内動脈瘤に対する塞栓術
肝腫瘍(肝細胞癌・転移性肝癌)や骨盤内腫瘍(膀胱癌・子宮頸癌など)に対する動脈塞栓術および動注リザーバー留置術
急性膵炎に対する動注カテーテル留置術
消化管出血に対する塞栓術
血栓塞栓症に対する血栓溶解術
下大静脈フィルター留置術
BRTO(バルーン閉塞下逆行性経腎静脈硬化療法)
PTO(経皮経肝門脈塞栓術)
副腎静脈などのサンプリング
脱落カテーテルなどの血管内異物回収
肝細胞癌・腎腫瘍破裂に対する緊急動脈塞栓術
骨盤骨折・肝損傷・脾損傷・腎損傷などに対する緊急動脈塞栓術
非血管系IVR
CTガイド下生検(肺腫瘍・傍大動脈リンパ節・骨盤内腫瘍・脊椎を含む骨腫瘍など)
CTガイド下ドレナージ(肺膿瘍・骨盤内膿瘍など)

診療実績

2014年
放射線治療 (原発巣による分類)
例数
乳癌
72
肺癌
39
前立腺癌
35
食道癌
9
肝臓癌
5
直腸癌
3
腎癌
3
大腸癌
4
胃癌
2
膀胱癌
4
胆嚢癌
0
尿管癌
1
脳腫瘍
0
腎盂癌
3
原発不明癌
1
その他
10
総計 191例
CT検査(放射線科で読影)
17,119例
MRI検査(放射線科で読影)
8,071例
核医学検査(放射線科で読影)
1,765例
骨密度
2230例
ESWL
59例
超音波検査2010年度 一般
乳腺
人間
ドック
日帰り
ドック
世田谷検診 腹部 血管超音波 造影 月別
件数
4月 258 187 156 0 263 83 7 954
5月 269 160 232 0 239 91 11 1,002
6月 287 135 148 0 314 91 13 988
7月 297 237 226 89 245 161 18 1,273
8月 363 269 265 88 291 173 18 1,467
9月 283 199 213 47 277 162 18 1,199
10月 302 230 222 36 267 158 13 1,228
11月 365 207 241 20 273 171 16 1,293
12月 270 227 220 30 287 139 12 1,185
1月 286 163 212 12 257 141 19 1,090
2月 304 158 204 13 249 131 18 1,077
3月 279 102 243 0 310 119 17 1,070
領域別件数 3,463 2,274 2,582 335 3,272 1,620 180 13,726

全国IVR症例登録事業参加について

当院では、患者さんに安心して医療を受けていただくために、安全な医療をご提供するとともに、患者さんの個人情報の取り扱いにも、万全の体制で取り組んでいます。
日本IVR学会(事務局:〒355-0063 埼玉県東松山市元宿1丁目9番4号 FAX:0493-35-4236)では、本学会に参加する施設で行ったIVR診療(血管塞栓術、血管拡張術など)の情報を登録し、IVR診療の状況を把握し、各種疾患の診断治療の向上に役立てる取り組みをIVR学会症例登録として実施しております。

この事業は、現在の我が国のIVR診療の現状を浮き彫りにし、基礎と臨床の種々の研究にも貢献するものと考えられます。
当院は、上記の日本IVR学会による全国症例登録の趣旨に賛同し、登録事業に積極的に協力してまいります。当院でIVR診療を行ないました患者さんについては、個人情報を削除した後、診療内容をIVR学会事務局に届出いたします。但し、非同意の意思表示がなされた場合には届出を致しません。また、後に非同意や登録の削除を申し出られました場合にも登録を削除致します。ご不明な点などありましたら、診療科の担当医までお気軽にお尋ね下さい。