メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

健康診断・人間ドックのご案内

健康に長生きをするために

健康管理センター長 宮尾 益理子

 我が国は世界一の長寿国ですが、独立して生活できる健康寿命と寿命の差(要介護の期間)は、男性で約6.5年、女性で約9年もあります。
 死亡原因としては、癌と、脳血管障害、心血管障害などの動脈硬化性疾患が主なもので、早期発見、危険因子(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満など)のコントロールが大切です。
 要介護の基礎疾患としては、男女ともに動脈硬化性疾患(特に脳血管障害)が重要で、さらに女性では骨粗鬆症とアルツハイマー型認知症の頻度が多くなっています。
 これらの疾患は遺伝的要因とともに、食習慣、運動習慣、タバコ、アルコールなどの嗜好品といった生活習慣が発症、進展に寄与する生活習慣病で加齢とともに罹患する人の割合は高くなります。

 当院ドックでは、男性、女性、若い方から高齢者の方まで幅広く受診していただき、長期間に渡り毎年受診していただいている方が大変多くおられ、それぞれの方にあった検査や結果説明を行っております。
  また本年度からは、再び院内での宿泊が可能となり、年度途中からは食事も管理栄養士の監修のもと、健康面に配慮した食事を提供できるようになりました。
  総合病院のシステムの中にある当院のドックでは、医療との深い連携のもと、予防から治療まで継続した健康管理が可能です。
  寿命、健康寿命の延長のために当院の健康管理システムを是非ご活用ください。


健康管理
センター長
宮尾 益理子
専門・得意分野 加齢医学、糖尿病、骨粗鬆症、動脈硬化、内分泌代謝学、性差医療・女性医療
資格 日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会認定専門医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌専門医・指導医
日本老年医学会認定老年病専門医・指導医・評議員
日本抗加齢医学会認定専門医
人間ドック学会認定医
日本骨粗鬆症学会認定医
医学博士
性差医療医学学会・評議員
東京大学加齢医学講座非常勤講師・女性総合外来担当

副センター長 渡邉 一宏
専門・得意分野 内視鏡治療全般
資格 日本消化器内視鏡学会指導医
日本消日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会本部総会学術評議員
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
ヘリコバクター学会感染症認定医
日本医師会認定産業医
難病指定医 (炎症性腸疾患の難病申請更新書の記載が可能)
身体障害者指定医(小腸機能障害、肝臓機能障害)
医学博士
医師緩和ケア研修会修了者

健康管理
センター医長
高野 奈実
専門・得意分野 循環器疾患一般
資格 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本医師会認定産業医
日本心臓リハビリテーション学会心臓リハビリテーション指導士
医学博士

コースのご案内

2014年11月25日より、人間ドックのシステムが変わりました。
全てのドックの結果の出力形式、参照できる過去のデータの範囲、基準値の一部などに変更があります。
また、脳ドックの高次脳検査の内容が変更となりました。詳しくは、健康管理センターまでお尋ね下さい。

2日人間ドックコース

受診日時

料金
月火、火水、水木、木金
10:00~翌日12:00
67,500円(税込)
2日人間ドックコース

期間限定特別料金実施中(6/16まで)

受診日時

料金
月火、火水、水木、木金
10:00~翌日12:00
通常料金:67,500円(税込)

期間限定特別料金:55,000円(税込)

限定料金のご案内パンフレット[665KB]

※宿泊(7階ドック棟)

※公立学校共済組合員の方は、所属支部にご確認ください。支部により個人負担金が異なります。

2日人間ドックコース 詳細はこちらから

期間限定のお得なセット割引もあります
1日人間ドックコース

受診日時

料金
月~金 8:30~12:00 43,500円(税込)

※公立学校共済組合員の方は、所属支部にご確認ください。支部により個人負担金が異なります。

脳ドックコース

受診日時

料金
月・水・木 (1)9:00~12:30
(2)12:00~15:30
49,500円(税込)
脳ドックコース

受診日時

料金
月・水・木 (1)8:30~12:00
(2)12:00~15:30
通常料金:49,500円(税込)

期間限定特別料金:39,500円(税込)
12:00~15:30

※脳ドックコースの期間限定特別料金は1/12~6/16の期間中に2日ドックと同時(翌日または1ヶ月以内)に受診された場合の料金です。
限定料金のご案内パンフレット[665KB]

※公立学校共済組合員の方は、所属支部にご確認ください。支部により個人負担金が異なります。

当院ドックの上部内視鏡検査について

当院人間ドックでの上部内視鏡検査は、原則経口で行っております。
ご希望の方に関しては一部経鼻で行っておりますが、経鼻内視鏡は人数の制限があるため、いつでもお受けできるわけではありません。経鼻内視鏡をご希望の方はあらかじめ下記をご参考に、お電話でお問い合わせ下さい。
経鼻内視鏡は月~金曜日に実施しております。

2日(宿泊)ドックご希望の方へ
2日(宿泊)ドックの方の上部消化管検査は、ドック2日目に原則経口内視鏡で行っております。 経鼻内視鏡検査では検査人数の上限があるため、必ず事前にお電話でお申し込み下さい。

1日(日帰り)ドックご希望の方へ
1日(日帰り)ドックの上部消化管検査は、上部消化管造影検査(バリウム検査)が基本コースとなっております。上部内視鏡検査への変更をご希望の方は、経口・経鼻ともに検査人数に上限があるため必ず事前にお電話でお申し込み下さい。いずれの場合も追加料金4,000円(税別)がかかります。なお、経鼻内視鏡検査は毎週月〜金曜日に実施しております。

人間ドック受診中に行われる健康ミニ講演のご案内

健診待ち、待機時間などを利用させて頂き、生活習慣病・メタボリックシンドロームの危険因子となる高血糖・高血圧・脂質代謝異常・肥満などをコントロールしていただくための健康ミニ講演を開催しております。ご活用ください。

テーマ
1. カロリーコントロールのポイント(糖質・血糖値のコントロール含む)
2. 塩分の話
3. コレステロールの話
4. 健康増進の為のポイント等

実績紹介

ドック受診者数(人)
  2日ドック 1日ドック 脳ドック
25年度 1,922 2,329 630
26年度 1,635 2,246 530
27年度 1,547 2,324 572

当院の人間ドックをご利用いただく方へ

我が国は、世界有数の長寿国になりました。人間ドックが我が国に誕生してから間もなく60年が経過し、人間ドック学会に報告されている、2011年の人間ドックの受診者は308万人にもなります。健康な方から疾患を有する方までのデータが偏りなく毎年得られる健康診断の結果は、疾患の発症・進展の経過、有病率などの貴重なデータの供給源で、人間ドック学会、糖尿病学会など多くの学会や研究会を通じ、健診結果が疾患の診断基準や、ガイドラインに活かされ、個々の施設からの発表も医療に大きく貢献しています。

このような背景から、当ドック受診者の方々のデータの解析結果も、学会や研究会を通じて、発表あるいは報告されることがあります。発表、報告に際しては、個人情報保護に十分配慮し、個人の特定が可能な情報はすべて削除され、匿名化されますので個人のプライバシーが侵害されることはありません。

また、当院の倫理委員会の承認を得て、2012年から東京大学医学部付属病院老年病科との共同研究による「健康管理センター健康診断・人間ドックデータベースの後ろ向き解析」が始まっています。「後ろ向き」とは、過去におこなわれた診療や検査の記録を解析する研究方法で、該当者の現在、未来の診療・検査内容に影響を与えないことから広く行われている方法です。本解析に関しましても、データはすべて匿名化され、個人情報は保護されています。

上記内容に関してご不明な点がある場合、あるいはデータの使用に同意されない場合にも不利益は生じませんので、当院のスタッフにご遠慮なくお申し出ください。

関東中央病院健康管理センター 宮尾益理子

お申し込み・お問い合わせ先

下記までお電話でお問い合わせの上、お申し込み下さい。

関東中央病院 健康管理センター
TEL:03-3429-1171  内線:2123 
受付時間:平日9:00~16:00