メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

消化器内科

消化器内科は消化管グループ、胆膵グループ、肝臓グループの3つのグループによって構成され、消化器疾患全般にわたって専門的な医療を提供いたします。
3つのグループは垣根を超えて密接に連携し、患者様に最善の治療を迅速かつ適切に提供いたします。総合力と専門性の高さは大学病院にひけを取らない医療水準を保つことを可能にしています。また外科や放射線科など他科との連携も重視しており、内科的治療法と外科的治療法、放射線療法などを組み合わせた最善の治療法をご提供します。

消化器は食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、胆道、膵臓という幅広い臓器があり、それぞれ多くの疾患があります。
具体的な主な疾患対象としては、肝炎、肝硬変、肝細胞癌、転移性肝癌、食道炎、食道癌、食道静脈瘤、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃癌、小腸出血、大腸ポリープ、大腸癌、胆石、胆嚢炎、胆嚢癌、胆管癌、膵炎、膵癌、閉塞性黄疸などがあげられます。

わたしたち消化器内科で対応する代表的な検査・治療について紹介します。

消化管グループ

食道、胃、小腸、大腸の病気の検査、治療を行っています。生命の根幹をなす食物の消化、吸収を担う消化管にはさまざまな病気があり、胃癌や大腸癌などは死亡原因の上位を占めること報告されています。
しかしカメラをはじめとしたさまざまな検査手段が発達しており、早期発見することで根治が期待できる治療を提供できる機会も多くなっています。われわれ消化器内科消化管グループはカメラを用いた体への負担が少ない方法で治療することを得意としています。また検査を通してご自身の病気のリスクを知ることで、早期発見に結びつく適切なアドバイスの提供をこころがけています。

胃カメラ・大腸カメラによる検査

最新の内視鏡システムを用いて詳しく検査を行います。
ご希望があれば経鼻内視鏡による検査や麻酔をもちいた無痛検査(寝ている間に検査を行います)も行います。いままでの検査が辛かったという場合にはお申し出下さい。大腸カメラでは小さなポリープなどはその場で治療を行うことができます。

ピロリ菌の診断・除菌

ピロリ菌は胃癌のリスクだけでなく、胃・十二指腸潰瘍、リンパ腫など様々な病気の原因となります。胃癌になった人のほとんどがピロリ菌感染者であり、ピロリ菌に感染したことがなければ胃癌になることはほとんどありません。ピロリ菌は幼少時に感染し、持続的な炎症の結果、萎縮性胃炎という慢性胃炎に進展します。この慢性胃炎から胃癌が発生してくると考えられています。中高年の半数以上がピロリ菌に感染しており、そのほとんどが無症状です。除菌によって胃癌の抑制効果、胃・十二指腸潰瘍の予防効果が期待できます。抗生剤を用いた1週間の内服治療で除菌を行います。除菌薬を飲んだすべての人で除菌が成功するわけではないので、除菌判定も大切です。また除菌後も胃癌のリスクは残りますので、定期的に胃カメラを受けることも大切です。

カメラによる早期がん、ポリープの治療

早期に発見された胃癌・大腸癌は、お腹を切らずにカメラによる治療で治癒が期待できます。手術に比べて体への負担が少なく、臓器を温存することができるので、その後の生活の質の向上が期待できます。カメラでの治療の対象となる病変はリンパ節転移の心配のない「浅い癌」です。病変を含めるように剥ぎ取ることで完全に切除することができます。通常であれば翌日からご飯を食べることができ、約1週間で退院することができます。
大腸の小さなポリープは外来検査の時にその場で治療を行います。治療後数日間注意していただきたいことがあります。比較的大きい病変の場合は、念のため数日間の入院での治療をおすすめしています。

症例1 早期胃癌のESD(粘膜下層剥離術)
症例1 早期胃癌のESD(粘膜下層剥離術)

症例2 早期胃癌のESD(粘膜下層剥離術)
症例2 早期胃癌のESD(粘膜下層剥離術)

抗癌剤治療

局所にとどまる癌は内視鏡や手術による切除を目指しますが、残念ながら診断された時点で他臓器に転移していて病気が進行していることも少なくありません。
そのような場合、全身治療として抗癌剤治療が選択されます。有効な新規抗癌剤の開発、全世界的に行われている研究の成果により、以前に比べ確実に治療効果は改善してきています。また副作用対策の進歩も著しく向上しています。状況によっては手術や放射線を組み合わせた治療も行っております。当科では最新のガイドラインにのっとり、患者様個々にもっともよいと考えられる治療を提供いたします。入院せずに外来通院での抗癌剤治療を行っている患者様も多数おられます。

炎症性腸疾患 (潰瘍性大腸炎・クローン病)

ひどい下痢や腹痛、血便が続く場合には炎症性腸疾患を疑う必要があります。大腸カメラや血液検査などを組み合わせて適切な診断を行い、症状に応じて様々な種類の薬を組み合わせて治療を行います。
症状が重い場合には入院が必要です。症状改善後も長期にわたりきちんと内服加療を続けていくことが大切です。

カプセル内視鏡

胃カメラや大腸カメラで観察ができない小腸病変を検索する画期的な検査です。小さなカプセルの中に超小型カメラが内蔵されており、カプセルを飲み込むだけで全長6-7mと長い小腸粘膜の観察ができます。
その結果、いままで原因不明とされていた消化管出血や腹痛の診断が、患者さんへの負担なく簡便に行うことができます。

カプセル内視鏡

胆膵グループ

胆道(胆嚢と胆管)・膵臓の病気の診断、治療を行っています。胆道・膵臓の病気は診断が難しく、とくに膵癌・胆管癌・胆嚢癌は難治癌の代表と言われています。また、悪性疾患でなくても、総胆管結石による胆管炎や急性膵炎は、重症化した場合には生命の危険もあり得る恐い病気です。
胆道・膵臓の病気の診断には、まず腹部超音波やCT、MRIなどの検査が行われますが、さらなる精密検査や治療が必要な場合には、特殊な内視鏡を用いた手技を行います。この特殊な内視鏡検査・治療は私たち消化器内科が担当しています。

内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP: endoscopic retrograde cholangiopancreatography)は、通常の上部内視鏡(胃カメラ)とは異なる、特殊な内視鏡を口から入れて、胆管・膵管の出口のある十二指腸まで進め、胆管や膵管に細いチューブを挿入して造影剤を注入することで、胆管や膵管の異常を詳しく調べる検査です。
病変の細胞を直接採取して病理検査を行なうことが可能です。また検査に引き続いて総胆管内の結石を除去したり狭くなった胆管にステントを入れたりする治療を行なうことも出来ます。

超音波内視鏡検査(EUS)

超音波内視鏡検査(EUS: endoscopic ultrasonography)は、超音波(エコー)装置がついた内視鏡を用いて、消化管(胃や十二指腸)の中から消化管自体や周囲の臓器の異常を診断する検査です。
体外から行なう通常の超音波検査とは異なり、胃や腸の中の空気や骨などが検査の邪魔になることが少なく、病変の近くから観察できるためより詳細な情報を得ることが出来ます。
また以前は膵臓の腫瘍や腹腔内のリンパ節などの病理検査は困難でしたが、2010年に超音波内視鏡と径1mm以下の細い針を用いた、超音波内視鏡ガイド下穿刺(EUS-FNA: EUS-guided fine needle aspiration)が保険適応となり、この領域の疾患の診断能が飛躍的に向上しました。実際の検査時間は30~60分程度で、静脈麻酔を用いるため、苦痛はほとんどありません。外科的な開腹腫瘍生検とは異なり皮膚に傷は残らず、体への負担が少ない検査です。当院では1~2泊の検査入院で行なっています。

超音波内視鏡検査(EUS)

総胆管結石の治療

総胆管は肝臓が作る消化液である胆汁が通る管です。
胆石は胆汁中の成分(コレステロールやビリルビン)が結晶となり大きくなったもので多くは胆嚢に出来ますが、時々総胆管に落ちてきたり、総胆管の中で新たに胆石が出来たりすることがあり、総胆管結石といいます。総胆管結石は無症状のこともありますが、総胆管が胆石で詰まると胆汁が流れなくなり、黄疸や心窩部(みぞおち)から右上腹部の痛みが出ます。溜まった胆汁に細菌感染(急性胆管炎)が起きると、血液の中に細菌が侵入して敗血症という重症感染症に陥ることもあります。比較的小さな石では急性膵炎を同時に発症することもあり、緊急治療が必要になることがあります。
総胆管結石の治療には、外科的手術、経皮的治療(体外から超音波を用いて胆管に針を刺して行なう治療)、内視鏡的治療がありますが、近年では内視鏡手技や処置具の進歩により内視鏡的治療が第一選択とされており、当院でも内視鏡的治療を積極的に行なっています。総胆管結石の内視鏡治療はERCPの技術を用いて行ないますが、結石を除去するためには胆管の出口(十二指腸乳頭)を拡げる必要があります。胆管の出口を拡げる方法には、十二指腸乳頭を電気メスで切開する内視鏡的乳頭切開術(EST: endoscopic sphincterotomy)、切開ではなくバルーンで拡げる内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD: endoscopic papillary balloon dilation)があります。また近年では大きな結石を効率よく除去出来る内視鏡的乳頭大径バルーン拡張術(EPLBD: endoscopic papillary large-balloon dilation)という方法もあり、患者さんの状態や結石の状況に応じて適切な方法を選択しています。十二指腸乳頭を拡げた後、結石を除去するための処置具を胆管内に挿入し、結石を除去します。
実際の治療にかかる時間は結石の大きさや数など症例によって異なりますが、安全に治療するために一回の治療は60分を目安に行なっており、ほとんどの症例は1~2回で治療を終了しています。

総胆管結石の治療

閉塞性黄疸の治療

胆管は結石だけではなく腫瘍や炎症によっても詰まってしまうことがあり、胆汁が流れなくなって黄疸が出現します。
この状態を閉塞性黄疸といいます。閉塞性黄疸は溜まった胆汁に細菌感染を起こす急性胆管炎に移行し緊急治療が必要なこともありますが、感染を起こさなくても、胆汁が流れないことで栄養の消化吸収が悪くなったり、肝臓や腎臓の機能が悪くなったりするため、溜まった胆汁をどこかに逃がしてあげる(胆道ドレナージ)必要があります。胆管ステントはプラスチック製の細長いチューブで、内視鏡を用いて胆管に挿入して狭くなった部分をバイパスします。また悪性腫瘍による閉塞性黄疸の場合はプラスチック製のものより太い金属製のステントを留置して、黄疸や胆管炎がない状態を長く維持するようにします。

閉塞性黄疸の治療

癌の治療

膵癌は早期発見が難しい上、進行が早く、難治癌の代表と言われています。治療は手術が第一選択ですが、進行した状態で発見された場合は手術ではなく、化学療法(抗がん剤治療)を選択します。
これまで膵癌に有効な抗がん剤はわずかでしたが、2013年にFOLFIRINOX療法、2014年にゲムシタビン・nab-パクリタキセル(商品名:アブラキサン®)併用療法が保険適応となり、治療の選択肢が増えました。当院ではFOLFIRINOX療法を除いて、原則外来通院での治療を行なっています。

消化管ステント

膵臓や胃、十二指腸の癌では、進行すると腫瘍により腸が閉塞してしまい、食事が摂れなくなったり、吐いてしまったりすることがあります。
この状態を消化管通過障害といいます。一般には開腹によって胃と小腸をつなぐバイパス手術が行われますが、最近では内視鏡と用いて金属製のステントを留置することが出来ます。

その他の疾患

当科では上記の疾患、病態以外にも、胆道癌(胆管癌、胆嚢癌)、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、急性膵炎、急性胆嚢炎、胆嚢ポリープなどの胆道、膵臓の疾患を幅広く診療しています。

肝臓グループ

肝臓の病気の診断、治療を行っています。肝臓は沈黙の臓器といわれていますが、肝臓に対してウイルスや薬剤、アルコール、脂肪などの負担がかかると、患者さん本人は全く自覚症状がない中で、肝臓が炎症を起こし肝炎となり、それが長期化することで肝硬変、肝がんへと進行していくことが知られています。
我々、消化器内科肝臓グループではできてしまった肝がんに対する治療も行っていますが、採血や腹部超音波検査、CT、MRIなどの検査を行うことで、病気が発生する前から肝臓が発する声なき声を汲み取って、病気を未然に防ぐための生活習慣のアドバイスや病気の早期発見に努めています。

肝がん

肝臓にがんが発生することを「肝がん」と呼びます。肝がんには肝臓自体から発生する「原発性肝癌」と肝臓以外にできたがん腫や肉腫が肝臓に転移することで発生する「転移性肝癌」があります。
原発性肝癌のほとんどが肝細胞から発生する肝細胞癌で、肝機能が低下している肝硬変の状態から発生します。また、この病気の特徴として再発率が高いことが知られています。
転移性肝癌は原発性肝癌の約20~30倍と高い頻度で発生するといわれています。また、転移はがんが全身に血流やリンパ節のながれにのって全身に広がるというある程度進行した状況でおこるため、一度治療を行っても、再発をある一定の確率で防ぐことができません。
両者とも繰り返し治療が必要となる可能性があるため、肝臓や体への負担が少なく、確実に、かつ安全に治療を行う必要があります。

切らずに治す肝臓がん
肝がんの経皮的ラジオ波焼灼療法(ラジオ波、RFA)

前述のとおり、肝がんは繰り返し治療を必要とすることが多いため、肝臓や体への負担が少なく、確実に、かつ安全に治療を行える経皮的ラジオ波焼灼療法(Radiofrequency ablation ; RFA)はこの領域では標準的な治療法として確立されています。
本邦では1999年2月から本格的に導入され、2004年4月から保険適応となりました。
具体的には超音波装置で観察しながら腫瘍の中に直径1.5mmの電極針を挿入し、電極周囲を450kHzの高周波(ラジオ派)により誘電し加熱することで、癌を凝固壊死させる治療法です。当科ではこれまで延べ3000名を超える肝がん患者さんにこの経皮的ラジオ波焼灼療法をおこなっております。
傷口も電極針が通るところのみで非常に小さく、肝臓も腫瘍の一回り大きく治療を行うだけなので、がんに侵されていない正常な肝臓を多く残すことができます。さらに治療を行ったところについては確実に腫瘍を縮小もしくは消失させることができますので、繰り返し治療が必要となる肝がんに対する治療としては理にかなったものとされています。

ラジオ波治療の詳細については当科の「切らずに治す肝臓がん」のページをご覧ください。

肝がんの経皮的ラジオ波焼灼療法(ラジオ波、RFA)

病気の状態によっては、ラジオ波治療ではない別の治療法が適格と思われる場合もあります。その際には、必要に応じて肝動脈塞栓術(TAE、TACE)や化学療法や放射線(陽子線)療法など、その方の状態に最善 と思われるほかの治療法の選択肢も、提示させていただいております。

切らずに治す肝臓がん

肝炎

肝臓に炎症が起こることを「肝炎」といいますが、その原因としてウイルスや薬剤、アルコール、脂肪、自己免疫など肝臓に対して負担がかかることが挙げられます。
肝炎をおこしたまま長い時間が経過すると、やがて肝硬変や肝がんへと進行してしまうため、肝炎の原因を見つけ、それに対して治療を行っていく必要があります。

ウイルス肝炎の治療

近い将来、その割合は変化する可能性がありますが、2015年現在、肝炎の中で一番多い割合を占めるのが、C型肝炎ウイルスが原因で起こる肝炎です。C型肝炎は一度罹ってしまうと慢性化することが多く、肝硬変・肝がんを起こす原因としても知られています。
以前はインターフェロンという注射薬を用いた治療が主流でしたが、2014年から注射をしないで飲み薬だけで行う治療が確立され、副作用も少なく、治療を行った95%以上の患者さんがウイルスを完全駆除できるようになりました。当科では治療薬の選択からウイルス駆除後のフォローアップまで専門的な知識を駆使しつつその方にあった治療を行っていきます。

脂肪肝、アルコール性肝炎など生活習慣による肝炎の治療

過度の食事や運動不足、飲酒は肝臓に対して負担がかかります。そして、その負担が肝臓内の酸化ストレスとなって炎症を引き起こし、進行すると肝硬変や肝がんに至ります。
この種の肝炎の一番の治療法は生活習慣の改善です。
当科では医療機器のInBodyという体成分分析装置を用いて、体脂肪量や筋肉量を測定しそこに普段の採血や画像検査のデータを加味して食事や運動などの普段の生活の過ごし方のアドバイスを具体的に行っています。

脂肪肝、アルコール性肝炎など生活習慣による肝炎の治療

肝硬変

肝臓の炎症がおこると肝細胞が破壊されます。炎症によって破壊された細胞を修復しようと肝臓は働きますが、それが慢性的に長期間続くと、やがてその働きにも限界となり、肝臓の中で線維組織が増え、肝臓が小さく硬くなり、本来の肝臓の機能を十分に果たせなくなってしまいます。
この状態のことを「肝硬変」といいます。肝硬変が起きてしまうと、今まで保てていた体内の色々なバランスが崩れ、黄疸、腹水貯留、肝性脳症、食道静脈瘤といった様々な病態を引き起こす可能性があります。また、肝硬変から肝細胞がんが発生することも知られています。
腹水の予防では日々の生活において塩分の制限が必要となり、肝性脳症の予防では便秘をしないように排便コントロールが重要になってきます。各々の症状に応じて、予防や治療が必要となるため、当科ではこまめな検査やより厳格な日常生活の指導を行っております。

担当スタッフ紹介

消化器内科部長 小池 幸宏
グループ 肝臓グループ
資格 日本肝臓学会肝臓専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者指定医(肝臓機能障害)

消化器内科 外川 修
グループ 胆膵グループ
資格 医師緩和ケア研修会修了者

消化器内科 瀬戸 元子
グループ 消化管グループ
資格 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本ヘリコバクター学会「H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医
難病指定医
医師緩和ケア研修会修了者

消化器内科 磯村 好洋
グループ 消化管グループ
資格 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
医師緩和ケア研修会修了者
難病指定医
医学博士(東京大学)

消化器内科 後藤 絵理子
グループ 肝臓グループ
資格 日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器病学会専門医
身体障害者指定医(肝臓機能障害)
難病指定医
日本医師会認定健康スポーツ医
医師緩和ケア研修会修了者

消化器内科 宮川 佑
資格 医師緩和ケア研修会修了者

消化器内科 小畑 美穂

消化器内科 黒沢 哲生

診療実績

2015年度
診療科で扱った主疾患と入院患者数
疾患名 入院患者数
悪性腫瘍 食道癌 11
胃癌 79
大腸癌(転移性肝癌含む) 304
原発性肝癌 94
胆道癌 62
膵癌 100
その他の悪性腫瘍 18
非悪性腫瘍 消化性潰瘍 58
急性腸炎 38
イレウス 6
UC・クローン 9
大腸ポリープ 145
急性肝炎 10
アルコール性肝疾患 46
慢性肝炎 0
肝硬変 1
胆石・胆嚢炎 125
膵炎 46
その他の消化器疾患 367
その他 259
合計 - 1,778

リンク

現在、掲載情報はございません。