メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

お知らせ

職員の結核発症に関するお知らせとお詫び

 この度、当院の職員1名が、結核に罹患していることが判明いたしました。ご受診いただいた患者さまならびにご家族のみなさまには、多大なるご心配ご迷惑をお掛けすることとなり、心よりお詫び申し上げます。
 当該職員は勤務中常時マスクを着用しており、感染対策には万全を期しておりましたが、世田谷保健所との協議の結果、当該職員が勤務していた下記の対象期間にご受診いただき、かつ接触の可能性のある患者さまを対象に、接触者健診を実施することとなりました。

対象期間:平成28年1月1日〜平成28年3月7日

 すでに該当する患者さまには4月19日に接触者健診のお知らせを発送しております。

 結核とは、結核菌という細菌が体の中に入り、増えることで起こる病気です。初期の症状は風邪と似ていますが、せき、痰(たん)発熱(微熱)などの症状が長く続くのが特徴です。
 2週間以上続く原因不明のせきや痰、発熱といった症状がある場合は、速やかに外来主治医にご相談いただきますようお願いいたします。

 

 結核についての簡単なパンフレットが公益財団法人結核予防会から配布されています。
下記URLよりご覧いただけます。

本件にかかるお問い合わせ先

公立学校共済組合関東中央病院
TEL:03−3429−1171(代)
平日 午後1時 ~ 午後5時