このページでは、Javascriptを使用しています

病気のはなし

「しみ」のはなし

形成外科 福島 千尋
(緑のひろば 2008年2月号掲載)


「しみ」はとても身近な疾患です。40歳以上で「しみ」が一つもない方はほとんどいないでしょう。
でも、一言に「しみ」と言っても、実は様々な種類のものがあるのです。それぞれ治療法が異なるため、きちんと診断して的確な治療法を選択しなくてはなりません。

しみの種類

一番頻度が高いのが、日光性のしみです。顔面や手背などに生じる茶色い色素斑で、レーザー治療が著効します。
30〜40歳代の女性の頬部に見られる、左右対称で淡褐色のべったりとしたしみは肝斑といいます。女性ホルモンによるメラニン細胞の活性化と、紫外線を受けることが原因とされています。レーザーを照射すると色素沈着が悪化するため、レチノイン酸という塗り薬で治療します。
けがや火傷の跡に生じるしみは炎症後色素沈着です。レーザーもしくはレチノイン酸治療を行います。 脂漏性角化症は、老人性疣贅(いぼ)とも呼ばれる、茶色い隆起が貼りついたような境界明瞭な腫瘍です。表面の隆起を削った後、残った色素斑にレーザーを照射します。
母斑は種々の先天性色素異常です。太田母斑(前額〜眼周囲にみられる青色の色素斑)、異所性蒙古斑(四肢や体幹に生じる青色斑)、扁平母斑(境界明瞭な淡褐色色素斑)などがあります。いずれもレーザー治療の対象となりますが、日光性しみに比べると再発したり色調の改善が乏しいことが多く、長期間にわたり複数回の照射を要することがあります。

しみの治療方法

(1)レーザー治療
当科では、Qスイッチドアレキサンドライトレーザーを導入しています。メラニン色素に選択的に吸収される590〜1000nmの波長を使うため、正常皮膚にはほとんど障害を与えずにしみを治療することができます。

(2)レチノイド治療
レチノイン酸を含む軟膏を、朝晩患部に塗布する治療法です。レチノイン酸には表皮角化細胞の分化と増殖を促進する作用があります。メラニン色素を含んだ皮膚を脱落させていくため、しみを薄くするだけでなく、ニキビ跡、くすみ、小皺、肌のきめの細かさなども改善することができます。

(3) 漂白剤
メラニン色素の産生を抑制する、ハイドロキノンという薬剤を塗布します。既に存在するしみを消すことはできないため、レーザーやレチノイン酸でしみ取りを行った後に、しみの再発を予防するために用います。

このように、同じような「しみ」に見えても色々な種類があり、それぞれに対して色々な治療法があります。適切な治療を行わないと効果がなかったり、逆にしみが悪化してしまうこともあります。 気になる「しみ」がありましたら、お気軽にご相談ください。


※福島医師は現在は在籍しておりません


このページのトップへ