メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

お知らせ

地域包括ケア病棟開設のご案内

地域包括ケア病棟とは?

当院では平成29年5月1日より地域包括ケア病棟を開設しました。

地域包括ケア病棟とは、急性期の治療が一段落し状態が安定した後、引き続き在宅復帰に向けて治療・看護・リハビリ等を行いながら、定められた入院期間(最長60日)を経て患者さまが安心して退院できるよう、在宅復帰を支援する病棟です。

また、退院後安心した生活が送れるよう、介護保険を利用したサービスの調整等も行います。

当院は「一般病棟」、「ICU病棟」、「地域包括ケア病棟」という3種類の病棟編成です。

一般病棟 病気のなり始め、手術直後など症状が急激に現れる時期の方
ICU病棟(3F) 集中的に治療・看護を必要とする重症の方
地域包括ケア病棟(6F) 急性期治療を経過後、経過観察やリハビリ、その他(在宅復帰支援等)の支援を要する方

地域包括ケア病棟

入院費用について

入院料は1日あたりの定額で、投薬料・注射料・処置料・検査料・入院基本料・画像診断料・リハビリテーション料等のほとんどの費用(手術料・麻酔料・食事代・室料を除く)が含まれます。
治療内容によっては、一般病棟より自己負担金が増額する場合もありますが、高額療養費制度で限度が定められていますので、一般病棟の場合と同様に負担上限額は変わりません。
※入院費用について、ご不明な点は1階⑩番入院窓口までお問い合わせください。

地域包括ケア病棟は、全室、室料がかかります。

地域包括ケア病棟
患者さん一人一人のプライベート
空間を大切にした病室

地域包括ケア病棟
リハビリテーションによる
身体能力の改善

地域包括ケア病棟
地域包括ケア病棟スタッフ